トーリー佐藤の愛の脳イキとポルチオセックスによる中イキ

男性の方向けにポルチオセックスや愛の脳イキを教えています。

はじめに、目次

トーリー佐藤と申します。

ポルチオセックスや愛の脳イキを男性の方向けに教えて5年目になります。

セックスは男女の究極のコミュニケーションです。

セックスで男女の愛は大きく変わってしまうもので、昨今の日本の夫婦セックスレス率の高まりは残念に思います。

このブログを読まれる男性の方が、パートナー女性と楽しいセックスライフをお送り頂ける様願っております。

特に重要な記事を書きたいと思います。

1.ポルチオセックス

ポルチオとは?

体外式ポルチオ開発法

ポルチオペニス編

ポルチオ手マン編

2.中イキ

3.愛の脳イキ

4.クリイキ

5.女性のイク

6.早漏を治す

7.ペニスサイズの大小

8.勃起不全解消

9.中イキや愛の脳イキマスターしたい 

10.セックスが上手くなる知識

11.女性との出会い

12.twitterトーリー佐藤&ミー(2010年5月~、毎日更新しています)

このブログ記事はこれからも増え、目次も追加されていきますので楽しみにされていて下さい。

ご質問があれば、下記までお願い致します。

トーリー佐藤が女性のポルチオ開発することはありませんのでご了承下さい。

netplan441@yahoo.co.jp

 正常位での体外式ポルチオ開発法です。

f:id:netplan441:20171204074359j:plain

女性を性的に興奮させるとは?

女性を性的に興奮させるとはどんな状態のことを指しますか?

普通の前戯とは違うのでしょうか?

と男性の方からの質問です。

女性を性的に興奮させると、例えば

・愛液がベッドにまで垂れて濡れる。

・フェザータッチやアダムタッチで女性が快感に痙攣する、「イクイク」騒ぐ

クンニすると6回連続でクリイキした

クリトリス周辺しか舐めていないのに強烈にクリイキする。

・男性の中指一本を膣の中に入れるだけで女性は大騒ぎし、何度もイク

・キスやハグだけで、女性は痙攣しながらイク

・お尻を強くスパンキングすると強烈にイク

他にも様々ありますが、女性の興奮が多大だと女性の受ける快感はかなり強烈で、ぺニス挿入前に女性は逝きまくりとなります。

「イクイク」大騒ぎになります。

この様な状態でポルチオセックスすれば、例えポルチオ未開発な女性でも、「イクイク」大騒ぎするほど中イキします。

女性を性的に興奮させることは、セックスの奥義とも言え、しっかりと覚えましょう。

私の方では、中級ポルチオ開発セミナー動画でお教えしています。

特に「極力簡単に女性を性的に興奮させる方法」は実践されてみて下さい。

中イキや愛の脳イキをマスターしたい

クンニを上達させよう

「セックスが上手くなりたいです。

何から勉強すると良いでしょうか?」

というご質問をよく頂きます。

もし、

・セックス経験が少ない

・恋愛経験が少ない

・勃起力に自信がない

という男性の方なら、

クンニを覚える所から入っていくと宜しいかと思います。

クンニは、ただクリトリスを舐めれば良いというものではありません。

・女性を性的に興奮させて(愛液でビタビタ状態にさせて)

・舐め方を工夫していくと

長時間に渡る連続クリイキが可能になり、

クリイキ快感が長く続くとは女性にとって驚異であり、

女性から信頼とリスペクトを得る事ができます。

その上でポルチオセックスに進んだ方が、亀頭にコリコリを得やすく、

ポルチオセックスを理解することが早くなります。

つまり、上手なクンニをすると、その後女性の身体は感じやすくなるということなんです。

ポルチオセックス覚えるよりもクンニの方が男性もずっとやり易い面もあると思います。

クンニで連続クリイキなんて、男性も興奮すると思いますので、

勃起も最高潮になるでしょう。

女性を性的に興奮させたクンニは、中級ポルチオセックスセミナーや動画の方でご説明しております。

クンニ

クンニ



連続クリイキと体外式ポルチオ開発法で女性を興奮させる

女性を性的に興奮させる方法として、私は連続クリイキと体外式ポルチオ開発法の組み合わせをお勧めしています。

まずはクリイキですが、

・女性がクリイキしている時間は短く、すぐに下がる

クリイキ後はくすぐったくて暫く触らないで欲しい

クリイキ後は男性にも早く逝って欲しい

・女性の性欲は極端に下がる

一般的にはこんなクリイキがほとんどではないでしょうか?

女性を性的に興奮させて舐め方を工夫すると

女性は何度も連続クリイキし、長時間の強い快感に痙攣したり泣き出したりします。

この状態ではクリトリスの快感余韻は長く続き、

女性は性的にかなり興奮します。

その中で体外式ポルチオ開発法で子宮を揺らすと

子宮を揺らす=快感に繋がります。

・子宮が揺らされても女性が快感を感じない

・ぺニスを膣奥に入れてもコリコリを亀頭に感じない

こんな場合は、まず女性が興奮していないのでは?と私は思います。

クリトリス連続イキと体外式ポルチオ開発法を組み合わせると、セックスの上手な男性の方なら想像できると思いますが、女性はかなり乱れ、興奮します。

その中でぺニス挿入すると膣内神経が鋭く、中イキ時も強烈な快感に入れると思います。

「連続クリイキと体外式ポルチオ開発法」は中級ポルチオセックスセミナー動画やセミナーでご説明しております。

ぺニスは使いませんので、割りと誰でもマスターしやすいと思います。

中級ポルチオセックスセミナー動画

 

f:id:netplan441:20180519181133j:plain

 

 

女性の身体を感じやすくさせて、快感力を上げる

ポルチオセックスを学ぶとセックスが盛り上がると思います。

女性の受ける快感が上がるわけです。

その状況の中、

・女性にさらに強く快感を与えたい

・女性を逝かせたい

・女性を「イクイク」言わせたい

毎日、多くの男性からご質問頂きます。

こういったご質問をされる男性の方は、もうポルチオセックスは卒業です。

今度は女性脳に快感が増幅して伝わる方法を研究する必要があります。

つまり、女性の身体を感じやすくさせて、快感力を上げるわけです。

その為には、女性を性的に興奮させる必要があります。

セックステクニックの研究だけでは快感は上がらず、

女性を性的に興奮させることで女性の身体が敏感になることを知って欲しいと思います。

その中で今まで身につけたセックステクニックを使えば、女性が受ける快感はどんどん上がっていくと思います。

極力女性を簡単に興奮させる方法」を実践されてみて欲しいと思います。

中イキや愛の脳イキをマスターしたい

 

 

会陰を舐めて激しく逝かせる

会陰はご存じですか?

会陰とは、性器と肛門との間、蟻の戸渡りとも言われます。

クンニの最中にクリトリスからこの会陰を舐めても激しく逝きます。

女性が泣き出したり、痙攣したり。

会陰にはクリトリスの様な快楽神経は無いので、通常はこの様な激しくイク現象はありませんが、女性を強く性的に興奮させていると、会陰を舐めても女性は激しく逝きます。

女性が性的に興奮していなければ、大した快感も無いだろうし、女性の興奮のバロメーターであるかもしれません。

女性を性的に興奮させる方法は深く勉強をお勧めします。

中級ポルチオセックスセミナーや動画でご説明しています。

脳イキはクンニによるクリイキからが入りやすい

全てのセックステクニックは、女性が脳イキした時に最も効果を発揮します。

身体の快感を感じるのは女性脳です。

脳イキすると身体の快感が女性脳に増幅されて伝わります。

例えば、同じ中イキでも女性の受ける快感の大きさは、10倍位の差があります。

男性も驚き興奮するでしょう。

ですので、女性を逝かせた程度で喜んでも女性自身は大して喜びもなく、「脳イキ+中イキ」で本当の身も心もイク、男性依存になります。

 

愛の脳イキは女性の性的興奮のMAX状態にあります。

女性を興奮させる度合いによって、女性の受ける快感は変わりますので、それで私は「女性を性的に興奮させましょう」と申し上げるわけです。

初めて脳イキに導く為には、クンニによるクリイキから入ると楽だと思います。

クリトリスは先天的性感帯と言われ、ほとんどの女性が快感を受けやすいからです。

しかしながら、クリトリス快感は男性により女性の受ける快感は変わります。

一般的なクリイキは、

・短い時間だけ逝き、すぐに下がる。

クリイキ後はクリトリスがくすぐったくて触って欲しくない。

・性欲も落ちてしまう。

この様なクリイキだと意味がありません。

女性を性的に興奮させてからのクリイキ

・何度もクリイキする。

・長い時間逝き続ける。

クリイキ快感が強すぎて、女性が泣き出す、痙攣する。

クリイキの余韻が強く、疼く、まだ逝きたい。

こんな感じのクリイキだと脳イキの入り口にあると言えます。

この後のポルチオセックスで強い脳イキ、「脳イキ+中イキ」に繋がる可能性が大です。

女性はセックスであまり快感が深くならない様にブレーキを踏んでいます。

そのブレーキを外すには男女の信頼関係が大切で、さらに言えば強いクリイキ快感が女性の心を乱し、ブレーキを外す引き金になりやすいと言えます。

女性を性的に興奮させる事がテクニック以上に強いクリイキ快感を生み、脳イキへの重要なキーになります。

 中級ポルチオ開発セミナーでご説明しております。